mihadesign

KaKa

横浜市の副都心の一つ上大岡駅から徒歩5分程の住宅地。バス通り沿いの交通量の多い交差点の角に建つ1Fテナント、2・3Fメゾネット形式の賃貸住居5戸からなる共同住宅。
テナント企業側からのアプローチで始まった計画のため、建物の配置が店舗の必要面積と駐車効率により、交差点から隣地側に大きくセットバックしたかたちで既に決められていた。隣地側に寄った配置という条件の中で、2・3Fの住戸をメゾネット形式とし、各住戸と住戸の間に2層分の外部をスリット状に入れることで、採光と通風を確保、また隣地からの距離感をつくり出している。
敷地周辺は駅から近いにも関わらず、道路幅も狭く歩道の整備も進んでいない。店舗のための駐車場が必要だったとはいえ交差点に接した敷地の半分ほどを開放したこと、また賃貸住居の共用廊下を包んだ有孔折板がつくりだすやわらかな表情がこの街角を物理的にも感覚的にも一変させた。
小規模ではあるが、建築の建ちあらわれ方が周辺環境を大きく変える力があることを強く実感させられた。

KaKa_01_top KaKa_02 KaKa_03 KaKa_04 KaKa_05 KaKa_06 KaKa_07_top KaKa_08 KaKa_09_top KaKa_10

用途:店舗+共同住宅
敷地面積:497.80㎡
建築面積:208.26㎡
延床面積:510.88㎡
構造・規模:鉄骨造 地上3階
竣工:2011年1月

構造設計:TIS&PARTNERS
設備設計:団設備設計事務所
施工:小俣組


Photo:Sadao Hotta

facebook
ページ上部へ戻る